土間からフローリング床へ改修

築40年位の住宅です。

農家の住宅なので、靴のまま炊事が出来るように床はコンクリートの土間でした。

最近、冬は足が冷たいのでどうにかしたいとの依頼でした。

 

6センチくらい床を上げることが出来れば下地を造って断熱材も入れることが出来るのですが、床の高さが変わるとキッチンの使い勝手に支障が出るので、ギリギリ支障の出ない2.5センチの厚さでの施工です。

 

土間の上に防湿用のポリフィルムを敷き、厚さ9ミリの断熱ボードの上に厚さ15ミリの杉のフローリングを張りました。

 

下地を造ることが出来なかった為フローリングは、コンクリートに直接ビス止めです。