土蔵改修工事

築何年かわからない 土蔵です。

屋根はまだ、なんとかな状態でしたが、 壁のトタンが錆びてボロボロの状態でした。

入口の瓦屋根の骨組みが、老朽化のため片方折れて、脚立で支えている状態でした。


工事内容は打ち合せである程度決めてましたが、バランスなどは創りながら現場で決めていきました。

 

入口屋根の骨組みは既設の骨組みのバランスがとても良かったので、サイズなど全くそのまま、新しく作り直しです。

 

悩んだのは、腰壁(焼杉張り)の切り替え部分のバランス、 2階の小窓の庇納まり、 鼻隠し、破風(屋根と、壁の取り合い部分)です。

 

既存の壁の下地など不明な部分が多く、下地造りも大変でしたが。

 

バランスよく仕上がったと思います。